アクセスの詳細はこちら

南与野の歯医者・歯科ならアール歯科セントラルクリニック南与野 | こどもプログラム

こどもプログラム

CHILD PROGRAM

こどもプログラム

こどもプログラムとは

お子様のペースで治療が受けられるようになるまで当院にて治療の練習に通って頂きます。
目安として週1回15分~30分程度の練習ですが、お子様によって回数は違いますので相談して決めていきます。

対象となるお子様の年齢

上下20本の乳歯が生え揃った頃(2歳)~小学校低学年(9歳)までのお子様を対象として作ったプログラムです。

ご両親にご協力頂きたいこと

ご両親のご協力がとても大切です。
時には厳しく、そして出来た時にはたっぷり褒めてあげて下さい。
また、お家での言い聞かせ、毎日の歯ブラシ習慣の徹底をお願い致します。

保護者分離法について

お子様はご両親のことが大好きです。
そのため一緒に診療室に入ると、どうしても甘えてしまいその日行うはずのステップが出来なくなる事がございます。
その際は敢えてご両親には診療室の退室をお願いする事があります。
一見可哀相に思いますが1人で出来たときにはお子様の大きな自信に繋がります

麻酔が必要な場合

注射と説明しますとお子様は敏感に反応し、怖がってしまいます。
当院では針が刺さる痛みを取るために表面麻酔シールを貼ります。
お子様には“歯を眠らせる”と説明します。(注射とは言わないで下さい!)

表面麻酔シールで針を刺す部分の歯茎を痺れさせてから、気付かれないうちに注射を打ちます。(その間お子様には目をつぶって頂きます)
※お子様に使っても問題のない麻酔薬を使っておりますのでご安心ください。

こどもプログラムステップの流れ

ステップ 1 まずは場所に慣れて頂きます。

おいしい味のフッ素を歯ブラシにて塗布します。
(ぶどう味、バナナ味、もも味をご用意しています。)
※毎日お使い頂いても大丈夫な濃度のフッ素ですのでご安心下さい。

ステップ 2 お口の中に器具、機械が入る事に慣れて頂きます。

最初はブラシが付いた機械を使います。
先端のブラシがクルクル動きますが、 付いている物がブラシですのでお痛みはありません。
この機械が問題なくできるようになりましたら次は実際に削る時に使う機械を練習していきます。

★タービン (削るドリル) =シャワー
★バキューム(唾を吸うもの)=掃除機

この名称でお子様に説明し、お口に水が入る事、大きな音が出るバキュームに慣れて頂きます。

ステップ 3 いよいよ本番です。

ここまでの練習ができるようになりましたら先生に治療をしてもらいましょう。

3ステップで進めていきますが、各ステップで数回通って頂きます。

よくある質問Q&A

1人で治療が受けられるのは何歳からですか?

お子様にもよりますが3歳~4歳くらいから受けて頂きます。
出来るだけ1人で治療台に座ってもらいますが、もし最初からは無理でしたら保護者様と一緒に座ってもらい、徐々に1人で座れるようにして頂きます。

何回通えばいいのですか?

お子様によって回数は異なります。
焦らずその子のペースで進めていきましょう。
何回通えば出来るようになる等のお約束は出来かねます。
既にトラウマ(過去に抑え付けられて治療をしたことがある等・・・)をお持ちのお子様ですと時間がかかる場合もございます。

こどもプログラムをやればどんな子供も治療が受けられるようになりますか?

頑張って通って頂いても、出来ないお子様がいるのも事実です。
歯科治療へのトラウマが強い子も、もちろんいらっしゃいます。
無理矢理治療をされたトラウマをなかなか取り除けず、最後のステップまでいけない事もございます。残念ですがその際は小児科専門の大学病院への紹介状をお渡し致します。
ですが通って頂いた事は決して無駄にはなりません。
日々のフッ素塗布に是非いらして下さい。

フッ素はどれ位置きに塗ったらいいのですか?

大体2ヶ月置きで大丈夫です。
ですが期間が空くとまた恐怖心が出てきてしまい、出来なくなってしまうお子様もいらっしゃいますのでお子様によっては月1回の受診をお勧めする事がございます。

治療が出来るようになりましたら、当院からお子様へ賞状をお渡し致します!!
歯医者に行くだけで泣いてしまう・・・お口が開けられない・・・
そんなご両親のお悩みに少しでもお力になれればと思っていますのでスタッフ一同、全力でサポートしていきます!!
一緒に頑張りましょう!!!